未分類

住宅ローンとアメリカの新大統領の影響

最近までは住宅の建築及び販売に関しては、戸建てといいマンションといいかなりの増加傾向に有って、其の要因の一つとして住宅ローンの金利が最低水準に有ったこととも言われています。 ところが、本年のアメリカの新大統領の影響で日本の株価は高騰し、更に円安が極端に進んだとも言われ、其れにともなって国債を始め各種の金融商品の金利水準も最低金利(マイナス金利)から0金利、更にはプラス金利動きつつあるとされています。 此等に伴ってか、市中の住宅ローン金利も引き上げの方向に動きつつあるとされてえいるようです。 例えば、代表的な都市銀行間のメガバンクでも、最近は0.8程度から0.1%引き上げるというニュースも流れています。 即ち、特に固定型の長期住宅ローンは金利上昇の動きが始まったとされているようですし、今後、住宅建築やマンション等の購入に関しては、住宅ロー金利の動きに注意しながら、早期に決断する必要がs待っているとも言えそうです。