未分類

古民家のリフォーム

現在、古民家のリフォーム計画をしていて、設計の人に古民家の状況をいろいろとチェックしてもらっている段階なのですが。古民家というのは、今のうちの作り方とは全く違うとのことでした。古民家は柱を立てて、梁を組んで、家を作っていくので、今の耐震基準とは違う、基準外の建物なのだそうです。古民家とは柱の組みでできているということなのです。なので地震には強いそうです。しっかりとした柱が立っているので、崩れにくい丈夫な構造だからこそ、百年以上も建っていることができるのだそうです。しかし、さすがにそのままでは冬は隙間風が噴いて寒すぎるので、そしてキッチンや、お風呂も古すぎるので、直して住もうと思っています。古民家の良さを残しながら、今の暮らしに合った使い方ができるようにして住みやすくしたいです。梁や柱は、古民家にしかない特徴で味でもあるので、しっかりと見えるように残していくつもりです。というよりも、残さないと家が崩れてしまうので。柱で持っているような家なので。安易に今風に直しすぎても、古民家の良さを消してしまいそうなので、そこはよく考え相談しながら、リフォームしていきたいです。