未分類

リフォームをお願いする際に注意するべき基本的な点

住宅のリフォームなどを検討している際に、注意するべき2つのポイントがあります。どちらも非常に基本的な点です。

まず一つ目は設備装置の確認をしておくということです。例えばキッチンをコンパクトなサイズにリフォームをしたいとします。工務店などがリフォームのプランを作ってきたときに、そうしたプランや提案にある設備機器の仕様、実際にどのような機能がついているかなどは確認してから決定しなければいけません。そのためにはショールームなどに行って、同じ機器の使い勝手などを確認する必要があります。

次に注意しておくべきことは既存の住宅の図面を用意しておくということです。リフォームを依頼する際に、こうした図面がないとそもそも見積もりが正確にできませんし、当然施工の際にも不具合が生じてしまいます。特に重要なのは目に見えない部分です。水道などの給水設備、さらには電気照明などです。こうしたものが施工されているのがわかる図面が必要となってきます。